MENU

マウスピース型矯正

歯列矯正に関するこんなお悩みはありませんか?
  • 矯正装置が目立つ…
  • 他人に気づかれたくない…
  • 痛いのは苦手…
  • 何度も通院する時間がない…
  • 健康な歯を抜きたくない…
そんなお悩みは
ワイヤーを使用しない
「マウスピース型矯正」が
解決!

「マウスピース型矯正」は、
取り外し可能の透明のマウスピースで歯列の乱れを整えていきます。
一般的な矯正で使用するワイヤーがないため目立ちにくく、
周りの目を気にせず矯正治療が行えます。
鎌倉・茅ヶ崎・藤沢でマウスピース型矯正治療をお考えの方は、
ぜひ清水歯科藤沢院へご相談を!

マウスピース型矯正について

*

マウスピース型矯正「インビザライン」は
目立ちにくく、取り外しができて衛生的
ワイヤーを使った矯正治療に抵抗のある方におすすめしたいのが、マウスピース型矯正です。個々の歯型に合わせて作られたおよそ20枚〜35枚程度のマウスピースを順に交換しながら、決められた時間を守って装着することで歯並びを整えていきます。症例によってはマウスピース型矯正が適さない場合もありますので、まずはお気軽に清水歯科藤沢院へご相談ください。
※マウスピースの材料は厚生労働省に認可を得たものですが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
メリット
  • 目立ちにくい
  • 装着の痛みが少ない
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 取り外しができて衛生的
  • 通院回数が少ない
  • ワイヤー矯正よりトラブルが少ない
デメリット
  • 決められた装着時間を守らないと効果がない
  • 治療可能な症例が限られている
  • ワイヤー矯正より時間がかかることが多い

マウスピース型矯正のおすすめポイント

  • *

    透明のマウスピースだから目立たない
    比較写真を見ても分かるように、一般的なワイヤー矯正と比べるとマウスピース型矯正の装置は透明なので目立ちません。普段の生活の中で他人からの視線を気にせず矯正治療を受けることができるのが大きな特徴です。
    また、同じく目立ちにくい矯正治療である舌側矯正のように、舌が矯正装置に触って気になるという煩わしさもありません。
  • *

    痛みや違和感が少ない
    ひとつのマウスピースで移動させる歯の距離は、わずか0.25mmなので過度な力がかからず少ない痛みで矯正を行うことができます。また、ワイヤーやブラケットがないので、粘膜に当たって痛くなったり口の中が傷ついてしまう心配がありません。
    また、歯型に合わせた精度の高いマウスピースを使用するため、装着時の違和感も少なく、発音への影響もほとんどありません。
  • *

    食事や歯磨きの際に取り外せて衛生的
    マウスピースは取り外しが可能なので、いつも通りのお食事を楽しむことができます。(逆に装着したまま食事をすると破損や汚れのリスクがあるので、食事の際には必ずマウスピースを外してください。)
    また、歯磨きもいつも通り行えるので、矯正装置によって虫歯や歯周病のリスクを高めてしまうということはありません。
  • *

    トラブルや金属アレルギーの心配が少ない
    ワイヤー矯正の場合、装置が部分的に外れたり、口内を傷つけてしまうようなトラブルが生じることがありますが、マウスピース型矯正の場合はそういったトラブルも少なく、快適にご使用いただけます。
    また、マウスピースは金属を一切使用していません。矯正装置の金属を理由に踏み出せなかった金属アレルギーの方も、安心して矯正歯科治療を受けていただけます。

口腔内光学3DスキャニングiTero

*

口腔内スキャナーで
ストレスフリーな矯正治療を実現!
湘南・藤沢市の歯医者 清水歯科藤沢院では口腔内スキャナーiTeroを導入しているので、マウスピースでの矯正治療の精度をより高く、スピーディーに行うことが可能です。
従来の歯の型取りのような苦しい思いをすることなく、スキャンするだけで歯型をデータとして採取することができます。先進の精密スキャニング技術で得られたデータは精密・正確で、瞬時にデータをコンピューターに取り入れネット経由でマウスピースを作製する米国のアライン・テクノロジー社まで送ることができます。従来のように、型取り後に石膏模型を作りそれを輸送するという時間が不要になり、治療をより早く開始することができます。

iTeroの型取りはココがスゴい!

  • *

    従来の型取りの不快感がない
    シリコン印象という粘土のような材料を使用する従来の型取りは、材料を固める間口を開け続けて暫く静止する必要があり、苦しい思いをすることが多くありました。しかし口腔内スキャナーなら、ニオイも無く、口を大きく開けづらい方や嘔吐反射(えずき)がある方でも無理なく短時間で型取りを行うことができます。
  • *

    装置作成の時間を短縮し治療開始を早める
    スキャンしたデータはその場で確認することができるので、型取りのやり直しで再来院いただくような手間がかかりません。またスキャンしたデータをインターネットで送ることができるので、輸送が必要なシリコン印象での型取りの場合よりも1〜2週間程度も早く治療をスタートすることができます。
  • *

    精密・正確な歯型で矯正の精度も向上
    1秒間に6000枚の写真を撮ってデータ化するため非常に精度が高く、マウスピース製作にもその精度の高さは反映されます。
    また、スキャニング画像はデジタルデータなので、シリコン印象で起こる変形や劣化といったリスクもありません。
iTeroはマウスピース型矯正以外にも、
舌側矯正などその他の矯正装置の製作にも活躍します。

10代のマウスピース型矯正

歯並びは気になるけど… 友達に見られたくない… 学校でイジられるかな…
中学生・高校生のお悩みを解決する
10代のために考えられた
マウスピース矯正システム
  • 成長過程にある10代の歯列にも対応!
  • 体育や部活動楽器の演奏などにも影響なし!
  • 装着時間に応じて色が変化するから管理ラクラク!

*

目立ちにくいから学校でも安心して装着できる
インビザライン・ティーン(Invisalign Teen)は、歯の生え替わりや顎の成長など成長過程にある10代のためのマウスピース型矯正です。
10代の多感な時期は、歯並びが悪いこともコンプレックスになりがちですが、矯正歯科治療の装置への抵抗も少なくありません。そこで、学校で装着していても気づかれにくい・支障を来さないマウスピース型矯正なら、10代のお子さまでもストレスフリーで矯正を行うことができます。
※マウスピースの材料は厚生労働省に認可を得たものですが、インビザラインは完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正の治療の流れ

清水歯科藤沢院のマウスピース型矯正は、
大まかに以下のような流れで進めていきます。

マウスピース型矯正の治療の流れ
    • step1
    • 所要時間
      約60分
    初診無料相談
    まずは歯並びを診させていただき、大まかな治療の流れや治療期間、費用などの目安を分かりやすくご説明いたします。ご自身やお子さまの矯正治療に対する不安やご要望など、鎌倉市・茅ヶ崎市からも通いやすい藤沢市の清水歯科藤沢院に何でもお話しください。まずは相談だけでも結構ですので、お気軽に!

    *

    • 無料矯正相談
    • 電話をかける

      WEB予約

    無料

  • *
    • step2
    • 所要時間
      約60分
    精密検査
    お口や骨の状態を正確に把握するための各種検査に加え、口腔内スキャナーiTeroを用いてマウスピース用の歯型を採取します。スキャニングしたデータはその場で確認して、すぐに米国のアライン・テクノロジー社に送ります。
    • 頭部X線規格写真(セファロ撮影)
    • 口腔内写真
    • パノラマ X線写真
    • 顔面写真
    • 型取り(スキャンまたは印象材)
    • 歯科用CT (必要に応じて)

    *

    ¥40,000

  • *
    • step3
    • 所要時間
      約30〜60分
    診断結果と治療計画のご説明
    検査結果の分析や診断結果をご説明した上で、初診相談の時に伺ったご要望なども加味した最適な矯正治療プランをご提案します。
    スキャニングデータやレントゲン、口腔内写真などのデータをもとに作成された3Dの矯正シミュレーションをご覧いただき、仕上がりイメージを一緒に確認していけます。
    • 検査結果の詳細
    • 治療の目的と目安期間
    • 治療費用とお支払い方法
    • 使用する器具と注意点
    • 治療によるメリット・デメリット
    • 治療の流れ

    *

    矯正治療を
    スタートする前に
    必要に応じて虫歯や歯周病などの治療を行います
    治療が必要な虫歯や歯周病が見つかった場合は、まずはそれらの治療をしっかりと行って口腔環境を整えてから矯正治療を行います。
    治療費は
    別途必要

    無料

  • *
    • step4
    • 1年半〜2年半
      1ヶ月に
      1回来院
    マウスピース型矯正の開始
    米国のアライン・テクノロジー社から歯型を元に作成されたマウスピースが届いたら、いよいよ治療開始です。
    取り外しの仕方や使用方法、注意事項などを分かりやすくご説明します。その後は1〜3ヶ月に1度ご来院いただき、歯の適合状態や口腔内の衛生状態などをチェックします。

    *

    ¥700,000〜1,000,000
    (症状ごとに無駄のない費用を算出します)
    別途、通院1回につき ¥5,000

  • *
    • step5
    • 約2年間
      3ヶ月〜半年に
      1回来院
    保定期間と予後観察
    作成したすべてのマウスピース(アライナー)の使用が終わったら、かみ合わせの確認やシミュレーション画像と実際の歯の動きの比較などを行います。
    問題なければ装置を外し、動かした歯を安定させるために保定装置(リテーナー)を使用して後戻りを防ぎます。個人差はありますが、保定期間は2年程度が目安で、その間3ヶ月〜半年に1度来院いただきます。美しい歯並びを維持するためにも、定期的なメインテナンス・健診をお勧めします。

    *

    通院1回につき ¥5,000

  • こどもの矯正
  • おとなの矯正
  • Instagram
  • 豆知識コラム